三大メガバンク勤続年数別年収の目安

三大メガバンク勤続年数別年収

給与は三菱東京UFJ>三井住友>みずほの順。

ある程度の出世街道にのれば、
大体30歳前後で年収800万、32~33歳前後で年収1000万、
40歳前後で年収1200万前後になる計算になる。

●三菱東京UFJ銀行

7年目 調査役 年収800万円

9年目   上席調査役 1000万円~1500万

17年目 次長 1500万~1700万

22年目 副部長 1700万~1800万

25年目 部長 1800万~2000万

●三井住友銀行

5~6年目 部長代理補佐 年収700万円

9~10年目 部長代理 1000万円

15年目   上席部長代理 1100万~1300万

20年目   グループ長 1300万~1600万

25年目 部長 1800万~1900万

スポンサーリンク

●みずほ銀行

7年目 調査役 年収800万円

15年目   参事役 1100万円~1300万

25年目   参与 1500万~1600万

参考文献

週刊ダイヤモンド2017/4/8号

総評

三大メガバンクは給与面で不自由することはなく、
現職社員も給与面には満足している人が多い。
三大メガバンクは早慶上智・MARCH・関関同立・南山大など
の出身者が多く、三大商社ほど学歴の壁は少ないので
どんどんエントリーして内定を狙いたいところ。

日大や近大などの中堅私大生も優秀層は採用されるので、
中堅私大生もどんどんチャレンジしていきたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ