大手一流企業部長職年収一例

大手一流企業部長職年収一例

三菱東京UFJ 1900万

三井住友 1800万~1900万

みずほ 1500万~1600万

東海東京フィナンシャル 1900万

日産自動車 1800万

ホンダ 1800万

ソニー 1700万

シャープ 1300万

住友商事 1600万

ソニーライフエイゴン生命 1500万

信金中央金庫 1400万

NTTデータ 1250万

日本通運 1120万

ほけんの窓口    1000万

参考文献

週刊ダイヤモンド2017/4/8号

総評

大手企業でも部長クラスになると
かなりの高給取りになり、少ないところでも
年収1000万、多いところで2000万弱の年収がある。

ここまで来ると給与面ではかなり安定しており、
不安定でリスクのある独立起業を考える人は少なくなる。

中小だとこの半分くらいで多いところで年収1000万、
少ないところで年収500万ぐらいになり、
仕事量はほとんど変わらないので、
大手企業に入る方がいいに越したことはない。

就活生はそのあたりも踏まえて、就活に励んで欲しい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ